2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

修了式を終えて、成長を振り返る。

3月16日にRの未就園児クラスの修了式がありました。
70人ぐらいの3歳児が1年頑張って週1回1時間だけど通い、幼稚園というものに慣れていきました。
半分強はママと一緒に楽しく通い、半分弱は母子分離になって徐々に先生と子供だけで色々なことができるようになりました。
Jは3歳になってすぐにいきなり母と離れてアメリカのプリスクールに入ったものだから、
知ってる日本人の子がちらほらいても駄目で、1ヶ月泣きながら通いました。
それを思うとやはり徐々に慣らしていけたRはすっかり幼稚園に馴染めて、年少さんから入ることも全く心配がないので助かります。
というかもはや慣れすぎて心配?
(隣りの子にちょっかい出してるしね)
201203231.jpg
同じクラスの子たちが全員並んで1人1人賞状を頂きました。
名前を大勢の前で呼ばれても、しっかり大きな声でお返事できました。はなまる
入った時はかなりはちゃめちゃで、協調性ゼロだし先生のお話も聞けなかったRでしたが・・
先生のご指導のお陰できちんとルールも守れるようになりました。
201203232.jpg
そして19日にはJの修了式がありました。
それぞれクラスごとに終わった後お別れ会が行われました。
子供と親から贈る歌などでしっかり先生を泣かせ、1年間のお礼を皆ですることができました。
1人1人にハグしてくれて写真も撮ってくれた先生。なのに相変わらず恥ずかしがってこの距離と顔
201203233.jpg
Jは1年前日本の幼稚園に通うことが嬉しくて、本当は人見知りのくせに頑張って毎日通いました。
それも心底楽しそうに、休みの日でも幼稚園行きたいと言うほど。
それはやっぱり英語と違って全部自分が理解できる大好きな日本語で先生が話してくれる安心感だと思いました。
入園2日目からお友達もすぐにでき、幼稚園の課外授業のサッカー教室に入ったせいもありクラス関係なく男の子友達がたくさんできたことが自信につながったのかもしれません。
女の子とはなかなか恥ずかしくておままごとにも絶対入ってあげない子でしたが、
その硬派さがウケた部分もあってバレンタインにも本命チョコを頂いたり、
なかなか充実した1年を過ごせたんじゃないかな。
母から見て、この1年は目を見張るぐらい成長を感じました。
何より、広い園庭でサッカーだけじゃなく走り回る息子の姿に感動。
アメリカにいた時はそこまでお外遊びが好きな子じゃなかったので。。
活発になりました、本当に。
年長さんは小学生に上がる1歩手前、さらなる成長を遂げるかと思うと楽しみです。
新しいクラスで新しい先生と仲間、さらにサッカークラブも移籍(笑)するので、変化が多い1年になりそうです


ぽちっとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/03/24 ] 子育て | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sdcrea.blog60.fc2.com/tb.php/993-15a315bb
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。